2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 続、落書き | トップページ | 大人の事情をやぶって。 »

2012年9月13日 (木)

労災?

昨日、仕事中に負傷してしまいました。

会長が材木にビスを打とうとしている時にグラグラしていたので、
板を持ってあげました。
そしたら・・・・左手の親指の爪にインパクトドライバーがドスン!
爪が割れて大流血になってしまいました。

シャレにならん痛みでしたが、諏訪方面に出発する間際だったので、
絆創膏を貼って痛みに耐えながら運転して行きました。

だいぶ痛みにも慣れてきた頃、高速を降りてギアチェンジした時
突起物に強打してしまい、失神するかと思うほどの激痛になってしまいましいた。

一日まったく痛みが引かないまま帰宅して、
妻に応急処置をしてもらいました。(こういうとき看護師はとっても助かる)

病院に行ったらきっと爪を切除されて、労災になって・・?
よく手続き的にはわからないけど、痛いわ面倒だわじゃ全くいやなので、
このまま見なかった事にして自然治癒を待つ事にしました。
私、何度も爪を剥がしているのですが、麻酔をかけての切除は1回だけで、
「我慢しな!」との声でそのままガリガリ爪を剥がされるのを思い出して、
とてもじゃないけどお医者は嫌!

しかも、この程度のことで書類を何枚も書いたり、
ないと思うけど、また労働監督署からの指導が・・・じゃ時間的にも大変なので。
(数年前にパネルソーという機械で社員が指を切断した時はスゲー大変でした)

今年は肋骨を骨折したり、腰痛に悩まされたり、次は指の怪我と、
順番に何かやらかしてしまいます。

は~。

« 続、落書き | トップページ | 大人の事情をやぶって。 »

看板屋さん」カテゴリの記事

コメント

むむ、労災は監督署に届けないと違反に!
労災隠しはいけません......と思ったら
経営者だから「労災」にはならないんですね、ふぅ。
それでも安全に関する義務はあるでしょうし
自己があるとみんな不幸になりますから
安全には注意して無事故で行きたいですね。

まだ十代の時、アスファルトを片付けていて
足の親指の上に落として骨折、爪がはがれそうになりました。
対応してくれた看護士さん達は
すごくきれいなお姉さんだったのですが、
怪我を見て
「ああ、つめはがさないといけないねぇ」
と平気な顔をしていうのをみて、
生爪はがすってそんなに平気な顔でいいやがってぇ!! と
(心の中で)憤慨した記憶があります(笑)。

かれい♂さんコメントありがとうございます。
知りませんでしたよ!そうだったんですね。

でも病院は嫌ですよ。
お互い気をつけましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労災?:

« 続、落書き | トップページ | 大人の事情をやぶって。 »