2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月19日 (火)

照明もデザインです。

パチンコ飯田インター様の入り口看板を設置し、併せて建物を照らす照明も設置しました。

Img_6339

建物や看板など適切な照明をつけることもデザインの一つで、ただ高い照明をつければ明るくなるわけではないんです。

Img_6338

看板だけではなく、建物や駐車場の照明などもお気軽にご相談ください。

Img_6337

ちゃんとデザイナーが照度を見て必要な照明の数や明るさを調整してご提案します。

大きな照明ほど本当に高い買い物なので、失敗しないように、本当にご満足いただけるよう日々努力しております。

2017年12月17日 (日)

読書

最近読書にはまっている。

数年前、ピークは子供が生まれだしたころかなぁ。
その頃もよく読書をしていました。

何か変えたい。変わりたい。変えなきゃ。みたいな気持ちで、
いろんな本を読んでまねして、また次を読んでなんて。

でも、ここ数年あまり本を読むことをしていなかった。
というよりは、買ってまで読んでなかったというか。

前買った本をたまにめくって参考にしている程度で
真剣に読むことをしなくなっていました。

気が付いたら最近よく本を読んでいる。
電子書籍ってやつが安いしかさばらないし、いつでも読める手軽さで。

ネットでお勧めしてたり、朝読む新聞の下の広告で気になったりしたのをチャチャっと買っちゃう感じで。
半分自慢ですが、私読むスピードもとっても速いんです。
だから1冊に何日もかからないからストレスにならないので。

最近また自分を変えたい気持ちでいます。
違う自分を見つけるため、今日も明日も読書をします。

私も41歳でもう人生の折り返しも労働時間も折り返しも過ぎてしまいました。
ここからの1年1年が私にとっても会社にとっても多分大きな意味を持ってくるはずです。
周りの様々な方に今以上に求められる人間になり、会社であれるよう変わらなきゃいけないんだと実感しております。

やりますよ。私は。

2017年12月15日 (金)

いいのか悪いのか

設備資金での借り入れはもちろんあるのですが、
今日数年ぶりに「運転資金」としてお金を借りました。

このところ大きな仕事をさせていただくことが増え、支払う金額も急に増えてしまったので、来月の集金見込みが立っている分だけ借りることにしました。

借りずに仕事をしていくことがもちろんいいのかもしれんせんが、
ぎりぎりで回していると心に余裕ができないので、
やはり、貸してくれるうちにというわけですわ。

でもこうやって会社は大きくなると思うので、
いい方に捉えてまた頑張っていこうと思います。

2017年12月 9日 (土)

ウィンターナイトツアー

今日オープンするヘブンスそのはらさんのウィンターナイトツアー。

イベントに使用するコンテナの加工をやらせていただきました。
Img_6210
最初はコンテナを設置する位置出しから。

広い駐車場のどこに据えるか決めるところからです。

Img_6221
コンテナ屋さんがものを持ってきたら、開口作業から開始です。
2日で全部っていう難題をタイヨーテックさんの協力で成すことができました。

Img_6241
大工工事もね。
大工のかっちゃが活躍してくれました。

Img_6272
もちろん、うちの職人さんたちもずっと通い詰めてなんでもやってくれました。

Img_6283
プレオープン前日のテスト風景。
期待に胸が躍りました。

Img_6288
そしてプレオープン。

Img_6289
仕事のやった甲斐があって、すごいものが出来上がりました。

夏のイベントよりも人数制限が緩いので、今までこれなかった人もぜひ足を運んでください。
去年よりかなり規模が大きくなったので、去年見た人も感動できると思います。

飯田周辺でこんなに素晴らしいプロジェクションマッピングが見れるのは初めてだと思うので飯田下伊那に住んでる人こそ一見の価値がありますよ。

2017年12月 5日 (火)

MVPだって!

去年の11月3日に丘のまちフェスティバルに参加して、
飯田市の公用車に痛車ラッピングを実演して、
寄付ってことにした「なみきちゃん号」

先日の名古屋モーターショーのイベントで痛車のお祭りがあって、
飯田市にオファーあって参加したらしいんですわ。

そしたらそこのMVPになったらしく、ご報告いただきました。

Img_2164_s
たくさんの人に見てもらったっと。
恥ずかしくない仕上がりだからうれしいですわ。

Img_3413_s
この衆がそもそもうちに痛タクの仕事を依頼してくれて、
最終的に私をうまく乗せてラッピングさせた人たち(笑)

Dsc04813_s
トロフィーと副賞のチェキだって。

ほかの自治体の人たちにもかなりうらやましがられたみたいだし、
結構痛車貢献してるっぽいですわ。

1回参加しただけなのに今年も出たんじゃねーのみたいに結構言われたりして、
宣伝効果はあったみたい。

忘れられないように次のことも考えようかな~。

2017年11月10日 (金)

SEARCHER ホームページ

やっとホームページをリニューアルしました。

看板屋だけでなく、店舗工事も印刷物もお店に関することならなんでも出来るということがお知らせできると思います。

この先のページは徐々に作っていくのでまた出来たらご報告します。

是非一度ご覧ください。

http://searcher.co.jp

これからは・・・

看板屋澤口より生まれ変わり、密かにいろんなお仕事をいただいてます。これからはもう少し公にしてお知らせしていきます。
週末オープンの昼神観光局の工事です。

Dsc_0177

Dsc_0261

Dsc_0263

看板以外に写真のカウンターとセンターの鏡面張りのテーブルや壁面の棚など、家具工事を担当しました。
写真にはありませんが、先に作った受付カウンターも含めデザイン、設計から携わっています。
他にはないデザインやちょっと難しい要望にも応えています。

看板はもちろんですが、それ以外にも出来ることが増えたので、お客様のいろんな気持ちを一手に受け止められるようになりました。
また紹介していきますので、これからもお願いします。

2017年11月 6日 (月)

試験1週間前

今週末、2級建築施工管理士の試験があります。
直前にならないとエンジンがかからないのですが、
モタモタしてたらもう日が迫っていました。

自分と関係ない分野の出題が多く、知らない言葉を調べてるだけでかなり時間を食ってしまいます。
そうはいっても学科はなんとなく行けそうな感じですが、実地試験の「自分のやった現場」ってやつ。
全く手を付けてないですわ。
内容だけならかけると思うけど、日付とか住所とか調べとかなきゃいけないこともあってね~。

この週末は中学の小僧たちも試験前ってことで勉強させられてたから一緒にやってましたよ。
でも勉強だけじゃ飽きちゃうから昨日は夕飯の準備気合い入れちゃったりして。
妻も「勉強しなきゃいけない人にすいませんね~。」とか言ってた。

とにかくあと6日間地道に勉強するだけです。

2017年11月 2日 (木)

完成間近。

社名がサーチャーに変わり、もう3年になろうとしているのにほとんどホームページは変わらないままでした。

やっと新しいページが公開できる状態になりました。

すべてのページは完成していませんがね。

Img_6107
こんな感じ。

サーチャーに変わって、名前だけじゃなく中身もグレードアップしたところを皆さんにアピールできればと思います。

2017年10月 8日 (日)

改革

会社は守りに入ったら負けですよ。

世間は衆議院選挙期間に入るところで、新勢力だのなんだのって騒いでますね。
私自身は生活する中で一つも保守的考えはないんです。

政治の話をすると、仕事をいろんなところからもらっている立場上まずいので、とくには書きませんがね。

会社はどんどん変えていきます。

事務所のレイアウトチェンジもしょっちゅうですわ。(人数が増えるからしょうがないんだけど)

車庫が倉庫になって産廃置き場が車庫になって・・・、。

もちろん場所やスペースだけじゃなくて、仕事の内容も変わってきてますよ。
もっと攻めていける戦略を立てて実行準備中です。

うちで出来ることを最大限生かしてお仕事をいただける道筋を作っていくことが私の最大の仕事ですから。
きっとその後に利益にもつながっていけるはずだと確信してます。

父から継いだ会社ですが、父が社長のころやっていた仕事と今の仕事はかなり変わりました。
もちろん取引先も。

10年でここまで変わったので、またこの先も変わっていくだろう社会に貢献できる会社であるよう改革はいつまでも続きます。

2017年9月 2日 (土)

駒場線

来週お披露目予定のバスラッピング作業を原画デザインをしてくれた阿智高校の美術部の生徒さんたちが見学に来ました。

Img_5855

バスは大きすぎて弊社工場に入らないので、
高森町の竹原建材さんの倉庫をお借りして作業しています。
Img_5856

検討を繰り返してきたデザインが形になる様子に生徒も先生も興味津々で見入っていましたよ。

屋根部分の赤は南信州広域連合の「基幹路線」ということで
赤いラインをどこかに入れなければならないのでデザインの邪魔にならないように屋根部分に入れました。

自分たちの検討してきたデザインが走るのは多分スゲ~うれしいことだと思いますよ。

中学生職業体験 2度目

8月29日~31日の3日間、うちの小僧も通っている学校の飯田鼎中学校の生徒さん1名が職業体験に来ました。

今年は3度目の受け入れです。

募集要項に「自分で製作した看板を立てる」って書いたので男子しか来ないと思っていましたがなんと女子が来てくれました。

しかもまたしても取引先の社長の娘。
こりゃ滅多なことは出来んな~と思っていましたが、
その社長が
「こき使っていいよ。」って言ってくれたので、男子も女子もなく作業してもらいました。

今回も自分の中学にどんな看板が欲しいか打ち合わせに行って、
自分でデザインして、自分で作って立てるとこまでです。

Img_5839
パネルに自分でシートを貼ります。
もちろん板の切断も自分。

Img_5842
枠の塗装も

S__14999580
立てるのはコンクリートも練って

Img_5848
小手で仕上も

打ち合わせからデザイン、
       ↓
製作ではパネルを切るのに機械を使って
       ↓
シートをきれいに貼ってインパクトを使って
       ↓
支柱は自分で塗装して
       ↓
インパクトで支柱に固定
       ↓
現場では穴も自分で掘って
       ↓
コンクリートを練って
       ↓
まっすぐに立てる
       ↓
仕上げて完成

ここまでを3日間かけて体験してもらいました。
女子でも容赦せず力仕事もして多分大変だったと思います。
でも、普通に生活してたら出来ないようなことを凝縮してやったので、少しはいい経験になったと思いますが。

こんだけやると、前回の東中の時もですが、寄付行為に当たるということで
書類を書かされるんですわ。
Img_5857

笑い話のようですが、昨日うちの息子が教室の机を壊したらしく、
破損届と一緒にこれを持ってくるから机弁償させられるのかと思いましたよ。


2017年7月27日 (木)

建設業許可

建設業許可を取得しました!

これからやっていく仕事にどうしても必要になり、やっと取った形です。

申請からここまでかなり時間がかかりましたがこれで問題なく工事を行えます。
看板以外の工事をかなり扱うようになったので3年前に名前も変え、ここにたどり着きました。

出来ることが増えたので、更にお客様のご希望に応えられるよう頑張っていきます!

Img_5720_2
ちなみに、屋外広告といういわゆる看板ってやつは(鋼構造物)
屋内につける案内や室名札は(内装仕上げ工事)に分類されるんだって。

2017年7月25日 (火)

求人

また求人を出しました。

はっきり言って職安に通うのって少し気がめいりますわ。

今回は現場作業員と事務員です。

現場は新卒で入った新人君がやっぱり持たなかった。
どうしても若者が育たない。
覚えることやることがいっぱいで耐えられないらしい。

最終手段は女性のパートさんを探そうか。
仕上げ作業だけを任せることにしてウェイトを減らそうか。

本気で長くやってくれる人探してます。

事務員さんは今一人でやっていることが無理なので、
システムチェンジの機会に増員します。

単純な事務だけじゃなくて経理もありで、積極的に仕事ができる人を探します。

高校生求人も一応出しましたが、去年不発だったのであまり期待していません。
本当はやる気のある若い人を育てたいのが正直なところですが。
やっぱり給料が安くても大きな会社に行くんでしょうね。

いつもポジティブ思考で物事をこなす私ですが、求人に関してはネガティブですわ。

2017年7月20日 (木)

続きます。

月初めに急な要望で、鼎中3年生の職業体験を受け入れました。

今回は1日だけですがまとめて5名。
なかなか5人分の仕事を作るのは大変です。

今回はちょうど飯田市の人形劇フェスタののぼり旗を立てる作業があったので半日やってもらいました。

Img_5706
のぼり旗を立てるための杭を打つのは力のある男の子2人にやってもらいました。
友達の手をたたかないように怪我の無いように。
見ているこっちが怖かった。

Img_5707
女の子3人にはのぼっり旗を作って杭に立てていく作業

Img_5708_2
最初に組み立てても街路樹にあたって刺さらないものが多く、
結局縮めてまた伸ばして。

色のバランスを考えて付けなよ~。と指示したら
ちゃんと3人で考えて付けていました。

午後は写真を撮り忘れましたが自分の描いた看板を形に仕上げることをしました。
デザインの部品をいくつか見せて自分で組み合わせて~自分で貼ってもらいました。

こんなことでもなければ看板屋というものがどんなことをしているのか知らない人が多いので、子供たちも一日楽しめたと思います。たぶん。

«職場体験